フルボ酸の癌(ガン)に対する効果について

フルボ酸の癌

フルボ酸が癌(がん)に対して効果があるという口コミなども見られます。実際のところガンへの効果はあるのでしょうか?

 

それを検証するには、まず癌がどのような原因で出来るかやメカニズムを知る必要があります。癌とは、悪性腫瘍のことですが、私たちの身体の中で毎日出来ています。

 

私たちの身体は日々細胞分裂を繰り返しています。その細胞分裂の際に元の細胞をコピーするのですが、分かりやすくいうとミスコピーが毎日発生していてそれが癌なのです。ですが、体の機能はうまく出来ていて、ミスコピーは白血球の一種によってすぐに破棄されます。

 

しかし、ミスコピーを破棄し忘れると癌細胞はどんどん増殖していきます。
それでは、そのミスコピーを破棄し忘れる原因はというと、単純にミスコピーが大量に出来てしまうか、破棄する能力が下がってしまうかです。

 

ここまで大まかなメカニズムを説明しましたが、ざっくり理解出来たでしょうか。

 

癌の原因は?

癌の原因、先ほどの説明のミスコピーが出来る原因ですが、癌の要因となるものは正確には分かっていません。(破棄する能力の低下は免疫力の低下ですので、こちらは免疫向上を意識すれば対応できます。)

 

癌の発生要因になるものというのは100%は分かってはいないものの、医学的にも明らかに発がんの要因になると言われているはあります。それは、主だったものでは下記です。

 

発がん性物質

放射線と紫外線

ウィルスや細菌

活性酸素

日常生活でこれらを避けることがガン予防には重要です。

 

発がん性物質

フルボ酸の癌

一度は「発がん性物質」という言葉を聞いたことがあると思いますが、その名の通り発がん性物質はガン発生の要因となります。

 

タバコの煙や食品添加物(亜硝酸塩、合成甘味料、ソルビン酸、防カビ剤)などがこれらに当たります。

 

放射線と紫外線

放射線は細胞の核の中にある遺伝子を傷つけます。それによって細胞分裂の際に異常をきたしガンができます。

 

紫外線は、皮膚を傷つけます。皮膚は、表皮と真皮からなりますが、紫外線はどちらにもダメージを与えます。それによって細胞分裂の際に異常をきたすと言われていますが、紫外線については十分な科学的根拠はないともされています。

 

日光浴は健康にも良いとされますので紫外線については、過剰な日焼けを避ける程度で問題ないかもしれません。

 

ウィルスや細菌

ガンは、ウィルスや細菌が原因の場合もあります。

 

まず、ウィルスと細菌の違いを簡単に説明しますと、ウィルスはそれ単体では生きていけず他の生物の細胞を宿主にして自己を複製して増殖します。一方細菌は、単体でも繁殖できます。

 

ウィルスによって癌になる原因は実はよく分かっていません。正常な状態では、がん細胞が生まれても抑制することができますがウィルスによってそれが阻害される可能性も指摘されています。

 

子宮頸がんや肝臓がんはウィルス性のガンです。

 

細菌性の癌では、ピロリ菌が有名です。胃癌の原因になると言われています。ピロリ菌自体に発癌性があるのでは無いのですが、ピロリ菌に対抗するための身体の反応の中で活性酸素が出来るためガンができるのです。

 

活性酸素がなぜ癌の原因になるかは次に説明します。

 

活性酸素

活性酸素という言葉もよく聞くと思います。活性と聞くと良いイメージに勘違いしてしまうかもしれませんが、全く逆で活性酸素は良くない物質です。

 

その名の通り、活性化した酸素なのですが、酸化を促進します。酸化は中学の理科でやったと思いますが酸化鉄なども酸化です。酸化鉄はいわゆるサビの成分です。鉄が酸素と結びついて出来るのですが、この酸素と結びつくことを酸化と言います。

 

他の例には、酸化銅(10円玉が黒ずむ)などがあります。

 

鉄で言えばさび付くことが酸化です。この酸化を促進するのが活性酸素です。酸素の中でも特に活性化しているということで、他の物質と結びつきやすいということです。
活性酸素はその活発さによって細胞や遺伝子を傷つけます。それによって癌を発生させると言われています。

 

 

以上が主だった癌の原因となるものです。今後は、これらを出来るだけ避ければ良いのですが、全部を避けることは不可能ですし、避けたとしても癌の原因が100%分かっていない以上は癌になる可能性はあります。

 

フルボ酸が癌へ効果があるとされる理由

ここにきて本題ですが、フルボ酸がなぜガンに効果があるとされているのでしょう。

フルボ酸の癌への影響はまだ研究中のことが多いですが、癌が改善したという多くの体験談があります。フルボ酸の抗酸化作用が癌を改善に導いていると思われます。

 

フルボ酸の効果の中には抗酸化作用があります。悪い要因を取り除き、細胞を活性化する作用や体に不要なものを排泄するキレート作用によって体を万全な状態に整えて、癌などの病気から身を守っていると思われます。

 

また近年では、癌は体を守るための反応だという見方も出てきています。

 

癌細胞を分析すると多量の有害な化学物質や毒素が検出されます。それは、体内の毒素を一か所に集めそこから排出しようという身体の機能だという解釈が出てきています。ということは、手術による切除や抗がん剤は無意味で、その身体の作用を促進するような治療こそが有効だと言えます。

 

つまり休養やストレスをなくすこと、そしてフルボ酸による活性酸素の除去や不要なものを排出するキレート作用などが癌には効果的であろうということです。